「アナと雪の女王」を見た



同じ映画を見に2回映画館に行ったのは初めてです。暫定2014年ベストワン映画。松たか子と神田沙也加の歌声・吹き替えに5億点!
前作の「塔の上のラプンツェル」もおすすめできる映画です。主役の声優のしょこたん(中川翔子)は決してタレント起用ではなく、本職の声優さん以上の演技でした。ただし、しょこたんはボイスアクトだけで、歌は別の人が歌っていましたが。
今回の「アナと雪の女王」もお話の構造は実は似ていて、苦難と抑圧からの解放、そして生きる喜びと世界の広さと美しさ、愛する人との出会いといった展開です。
ですが、この映画の最大の魅力は、曲のメロディーの素晴らしさと、ミュージカルシーンの歌声です。松たか子もいいけど、やっぱり僕は神田沙也加さんの歌声と、溌剌とした魅力的な演技に驚きました。普段、そんなにお母さんの声に似ているというわけでもないけど、歌の高音で伸びる部分になると、「あ、聖子ちゃんだ!」と感じます。それも、決して母の物真似をしようとしているのではなく、あくまでもナチュラルな声で。
主題曲の「Let It Go」以外にも、ライオンキング風の歌や、戴冠式の時の聖歌隊の歌声など、どの曲も非常にレベルが高いです。え、ミュージカルは苦手ですか? 問題ありません! 生身の人間ではなくCGアニメーションなので、それゆえに、いわゆるミュージカル的不自然さというのは、かなり薄まっているのではないでしょうか。
そして、近年のディズニー映画のテンポの良さと、小ネタのつまり具合というのは、ちょっと他に同様なものがないと思います。ひとときもダレずに、お客さんを飽きさせない作りになっています。
CGについても、基本的なキャラクター造型については今までのディズニー映画を踏まえていますが、氷の表現、雪の動き、風になびく髪の毛の自然さなど、高度な技術的進化も素晴らしい。そして、この物語の舞台となる世界が、とても美しい自然に満ちあふれています。
映画が発明された時に観客が感じていた「絵が動いている!」という原初の驚きを、現代の僕らは当然感じることはできないのですが、それでも、最新のディズニーアニメには、そんな絵が動くこと自体の楽しさがつまっている気がします。
ちなみに、2回目に見に行った時の隣のカップルの女性は、日本語版と英語版の両方を見ていて、3回目に彼氏を連れてきていたみたいです。彼女によると、字幕ではなく吹替版がおすすめだそうで、僕も同意見です。終演になって帰るときに後を歩いていた女性は、胸の中の息をぐっと吐き出しながら「良かった~」と感動のため息をもらしていました。
あ、エンドロール終わっても小ネタがある映画ですので、お立ちにならないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です