2018年6月のカレンダーを表示中

印刷用ページを表示

印刷用ページを表示中

2018年6月

June

平成30年

/水無月(みなづき)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1(金)

月齢16.6

2(土)

月齢17.6

3(日)

月齢18.6

4(月)

月齢19.6

5(火)

月齢20.6

6(水)

月齢21.6

7(木)

月齢22.6

8(金)

月齢23.6

9(土)

月齢24.6

10(日)

月齢25.6

11(月)

月齢26.6

12(火)

月齢27.6

13(水)

月齢28.6

14(木)

月齢0.3

15(金)

月齢1.3

16(土)

月齢2.3

17(日)

月齢3.3

18(月)

月齢4.3

19(火)

月齢5.3

20(水)

月齢6.3

21(木)

月齢7.3

22(金)

月齢8.3

23(土)

月齢9.3

24(日)

月齢10.3

25(月)

月齢11.3

26(火)

月齢12.3

27(水)

月齢13.3

28(木)

月齢14.3

29(金)

月齢15.3

30(土)

月齢16.3

今年の中秋の名月はいつ?

2018年の中秋の名月は、2018年9月24日です。

月についての解説

月の満ち欠け

旧暦では新月(朔)の日を1日として、29日間もしくは30日間で1ヶ月となります。8日頃には月の右側が輝く「上弦の月」になり、15日頃には満月となり、23日頃には月の左側が輝く「下弦の月」となります。

月齢

新月の瞬間を0として、そこからの経過日数をあらわした数です。
つまり、新月の時に0、満月の時に15になり、新月になる日の前日に29となります。約29.5日で元の新月に戻ります。
旧暦の日より1を引くと、大体その日の月齢となります。(例:旧暦2016/5/4は月齢3となり、三日月の夜となります)

中秋の名月(十五夜)

旧暦では、毎月15日の夜は(ほぼ)満月ですが、旧暦8月15日(新暦9月頃)の月を「中秋の名月」と呼びます。「十五夜」とも呼ばれています。江戸時代に、この日のお月見の風習が盛んになったと言われています。ちなみにこの中秋の名月の夜は、完全な満月になるとは限りません。月の軌道が真円ではないことや、旧暦では一年の日数が異なることなどがその理由です。

十三夜(後の月)

旧暦9月13日の、少し左側が欠けた月を鑑賞する日が十三夜です。
この十三夜はたいてい10月になり、秋晴れになることが多く、美しい月の輝きを鑑賞するのに一番良い時期となります。ほんの少し欠けている月の風情が、日本人好みの風流心をくすぐるのかもしれません。

十六夜(いざよい)

旧暦8月18日の月は、月の出が満月の時よりもわずかに遅れるので、ためらっているように見える様子を「いさよう」と表しました。

その他のページご紹介

ウェブスタジオアラクネでは、この大安カレンダーのほかにも、以下のようなコンテンツを公開しています。

PDFカレンダー

PDFカレンダー

シンプルなデザインのPDFカレンダー。サイズはA4・卓上の2種類。日曜と月曜はじまり。六曜・祝日・文字サイズなど各種のカスタマイズが可能です。

https://www.arachne.jp/calendar/
EXCELカレンダー

EXCELカレンダー

PDFカレンダーのデザインをなるべくそのままに、Excelで再現しました。 ご自由にセルに内容を入力してお使いいただけますし、お好みの色やレイアウトに加工することももちろんOK。

https://www.arachne.jp/excelcalendar/

カレンダーへのコメント・ご意見は

ご感想・ご要望などを一言いただけると嬉しいです。励みにさせていただきます!

ブログコメント欄 https://www.arachne.jp/blog/
Facebookページ https://www.facebook.com/arachne.simple.calendar
Twitter https://twitter.com/arachne
Email calendar@arachne.jp

諸注意・免責事項

  • 本サイトの情報は、プログラムによる自動計算で表示されています。正式な月の満ち欠け情報は、国立天文台が毎年翌年分を発表しているため、本サイトの情報も随時改訂させていただく場合があります。ご了承ください。
pagetop