2021年4月のカレンダーを表示中

印刷用ページを表示

印刷用ページを表示中

 の月の出・月の入時間

2021年4月

April

令和3年

/卯月(うづき)

 

 

 

 

 

 

 

 

1(木)

81.8%

07:42
22:15
月齢18.7

2(金)

72.0%

08:26
23:27
月齢19.7

3(土)

61.1%

 
09:16
月齢20.7

4(日)

下弦

at19:03

00:33
10:12
月齢21.7

5(月)

39.2%

01:31
11:14
月齢22.7

6(火)

29.2%

02:21
12:18
月齢23.7

7(水)

20.2%

03:03
13:21
月齢24.7

8(木)

12.7%

03:39
14:24
月齢25.7

9(金)

6.8%

04:10
15:24
月齢26.7

10(土)

2.7%

04:37
16:22
月齢27.7

11(日)

0.5%

05:03
17:20
月齢28.7

12(月)

新月

at11:31

05:28
18:16
月齢0.0

13(火)

1.6%

05:54
19:13
月齢1.0

14(水)

4.8%

06:21
20:10
月齢2.0

15(木)

9.6%

06:51
21:08
月齢3.0

16(金)

15.9%

07:25
22:05
月齢4.0

17(土)

23.4%

08:04
23:02
月齢5.0

18(日)

32.0%

08:48
23:55
月齢6.0

19(月)

41.4%

09:39
 
月齢7.0

20(火)

上弦

at15:59

00:45
10:36
月齢8.0

21(水)

61.7%

01:30
11:38
月齢9.0

22(木)

71.7%

02:10
12:43
月齢10.0

23(金)

81.1%

02:47
13:50
月齢11.0

24(土)

89.2%

03:20
14:58
月齢12.0

25(日)

95.5%

03:52
16:09
月齢13.0

26(月)

99.2%

04:24
17:21
月齢14.0

27(火)

満月

at12:32

04:57
18:36
月齢15.0
ピンクムーン

28(水)

97.6%

05:34
19:52
月齢16.0

29(木)

昭和の日

92.3%

06:16
21:07
月齢17.0

30(金)

84.8%

07:05
22:19
月齢18.0

 

 

次の月食は?

2021年5月26日(水)は皆既月食です。
18:45 … 部分食 始まる
20:09 … 皆既月食 始まる
20:28 … 皆既月食 終わる
21:53 … 部分食 終わる
南東の空に出ますが、日本国内ではどこであっても月がかなり低く、皆既食の最中は約15度です。東京では、18:39に月が出ます。

その次は、2021年11月19日に部分月食があり、97.8%とかなりの部分が欠ける部分月食です。
その次の皆既月食は、2022年11月8日です。
(※国立天文台のデータによる)

今年の中秋の名月はいつ?

2021年の中秋の名月は、
2021年9月21日(火)です。
2022年の中秋の名月は、
2022年9月10日(土)です。
2023年の中秋の名月は、
2023年9月29日(金)です。

月についての解説

月の満ち欠け

旧暦では新月(朔)の日を1日として、29日間もしくは30日間で1ヶ月となります。8日頃には月の右側が輝く「上弦の月」になり、15日頃には満月となり、23日頃には月の左側が輝く「下弦の月」となります。

月齢

新月の瞬間を0として、そこからの経過日数をあらわした数です。
つまり、新月の時に0、満月の時に15になり、新月になる日の前日に29となります。約29.5日で元の新月に戻ります。
旧暦の日より1を引くと、大体その日の月齢となります。(例:旧暦2016/5/4は月齢3となり、三日月の夜となります)

中秋の名月(十五夜)

旧暦では、毎月15日の夜は(ほぼ)満月ですが、旧暦8月15日(新暦9月頃)の月を「中秋の名月」と呼びます。「十五夜」とも呼ばれています。江戸時代に、この日のお月見の風習が盛んになったと言われています。ちなみにこの中秋の名月の夜は、完全な満月になるとは限りません。月の軌道が真円ではないことや、旧暦では一年の日数が異なることなどがその理由です。

十三夜(後の月)

旧暦9月13日の、少し左側が欠けた月を鑑賞する日が十三夜です。
この十三夜はたいてい10月になり、秋晴れになることが多く、美しい月の輝きを鑑賞するのに一番良い時期となります。ほんの少し欠けている月の風情が、日本人好みの風流心をくすぐるのかもしれません。

十六夜(いざよい)

旧暦8月18日の月は、月の出が満月の時よりもわずかに遅れるので、ためらっているように見える様子を「いさよう」と表しました。

その他のカレンダー

このカレンダーのほかにも、以下のようなカレンダー、自作コンテンツを公開しています。

備考リンク